奥さんが実家に帰ってとってもさびしい。
なんで帰ったかというと、里帰り出産をするんである。日々張り出してくる腹はもう見れないし、中からの蹴りも触ることができない。これさびしい。あと朝も起こしてもらえない。さびしい。色々とさびしい。
でもまあ寂しく思うってのを客観視してみると、3か月もしたら帰ってくるわけだし、寂しく思えるのって、それはそれでいい事よね。そういうものが作れたってことはよかったことだなーって、高速道路で一人さびしく広島に帰ってきながら、ぽっと思った。

3/26入籍いたしました。

承認欲求か、自分に足りないものか、そういう何かを抱えてここで何かを書いていたけど、もう解決してしまったのかなーと。

幸せにやっていけたらな、と昔、幸せなんてのに噛みついていたのを思い出しながら、ちょっと思いました。春の日で、おいしいものを食べ、とても気分が良かった。そんなこんなです。

変わったな、と思う。承認欲求丸出しで毎日日記書いてた頃のことは、恥ずかしいような、可愛いような感じで、その時のことを思ってみるけれど、それとおれは地続きなのだと判っていながらも、どうにもどこか別の人のように感じてしまう。大して変わっても無いんだろうなーって。
昔たくさん日記書いてて、日記書いてる人もたくさんいて、みんな、元気かなーっておもう。みんな、もう年をとったというか、5年とかそこらが経過しちゃって、それっていうのは、結構でかいもんがあるよね。はてなで書いてから5年だから、失言レストランとか見てたころはもう、14年前くらい?すごいなー。
おれはというと、結婚したいとおもう人ができて、仕事もそれなりにやってて。昔のおれには鼻で笑われるだろうなあ、という感じ。たまたま思い出したから日記書いたけど、また思い出したら、なんか書きます。

うれしい事とか楽しい事とかなかなかにあり、よい九月の終わりでした。
仕事面が落ち着いたならばほんと言うことなしなのだけれども、そこまで上手く回る様にはできていないみたいで。ま、そのうち良くなるかと期待しておきます。

空が見たいねとかぬるい事書いたと思ったら、今住んでいる倉敷市は水が溢れてとんでもないことになったでござるの巻。ほんと海のようでした。

もう九月!
彼女さんがやさしいのを良いことに腑抜け気味であるなあ、なんて思ってへこみ気味になる。インターネットの将棋で負けると悲しい気持ちになったりする。いっかい負けただけなのにね。セブンイレブンの70円おでんを買って食べたら、おいしかったのは良いんだけれど、のどが渇いてしょうがない。
朝三暮四、なんていう言葉があるけれど、目先のちっさいものに飛びついて、渇いたら駄目だよね。雨の音を聞いてすてきな気持ちになれる人にちょっと憧れる。いや、羨ましいだけなのか。憧れることをやめて、羨ましがる、そういう風になるのが年とるってことなら、まるで駄目ですね。今いるところはもうすぐ台風が来る。風やら雨やらにときめいたりする歳でも無くなった。でも台風一過の青空は、ちょっと見たいね。

鳥がめちゃめちゃ泊まっている木にもセミがふつうに鳴いていて、鳥はセミ食べないのね、と気が付く。いやべつに食べようが食べまいがどうでもいいんだが。
住んでる部屋の裏が公団住宅なのだが、そこの子供たちが朝の6時からセミを籠のなかにものすごく入れていて、なんというか、元気だなーと、もう完全におれそっち側じゃねえわ、と思った。セミとか籠にいれられません。